「道」楽クエスト

与曽井清司の個人ブログです。どんな場でも楽しめる生活スタイルを日々紹介します!生活を「ちょっと楽しくする」にお役立てください

日野原重明さん本から 最期まで楽しむ姿

 

いのちの使いかた【新版】 (小学館文庫)

いのちの使いかた【新版】 (小学館文庫)

 
すごいおじいさんの本です

楽天koboで車中読書したこの一冊です。100才を超えて、この本が書ける。

これだけで、この方の精神力であったり、その信念の強さを感じずにはいられません。

 

 

もともと日野原さんに興味がありました。

生涯患者さんと接し、命の大切さを小学生に教え、世界全国に講演会に飛び回る100歳を超える医師。

どこにそのバイタリティーがあるんだろう?と気になっていたのです。 

仕事柄、おじいちゃんおばあちゃんがいる病院に毎日顔を出している、というのもきっかけでした。

 体験話がすごい!

 作中では、日野原さん実体験から、その体験に基づいた価値観について易しい言葉で書かれています。

 例えば、学生時代に病気になって一年近く寝たきりであったこと。ハイジャック事件に巻き込まれたことが語られます。

 寝たきりであった経験は、自分が「他の人が当たり前にしている生活」が送れないという事実を深く理解し、自由に動けない患者さんへの触れ合い方に大きな影響を与えたそうです。

 ハイジャック事件。これは、1977年に日本赤軍が起こした日航ハイジャック事件のこと。この本で初めて知ったのですが、日野原さんはこの飛行機に同乗していたそうですね。

 殺されるかもしれない。その場で一生を終えるかもしれない経験を通じて、そこで助かった「余生の使い方」を確信したそうです。ドラマチックです。 

価値観を変えるタイミング

 ところで、こういった経験と克己のストーリーに、どこかデジャブを覚えることはないでしょうか。私は過去読んだ本の中で思い出されるエピソードがいくつかあります。

 

 例えば、インド独立の父であるガンジーです。かれは、イギリスで弁護士として働いていました。それが、ある時、「有色人種である」という理由で、汽車から放り出されるという屈辱的な目に遭います。無賃乗車ではなく、正式な切符をもっていたにも関わらずです。

 その実体験から、ヨーロッパ文化圏の価値観からいったん離れ、アフリカ、そしてインドの自立を支援しています。

 似ていると思ったのは、こうした大きな大義もきっかけになったのが、自分の身にふりかかった境遇と、そこから得た経験だったという点。

 一見して、嫌な目にあった!二度と同じ目には遭いたくない!と終わってしまいそうな一幕でも、そこから自分の価値観を掘り起こす。変えていったところに、感銘を受けます。

ポジティブワードを心から伝える、楽しむ姿勢

 日野原さんの一文を読んでいて、自分が思うことがもう1つあります。それは、生きることはもちろんですが、死を目前にしても、悲観していないこと。

 一見、「怖いこと、恐ろしいこと」と捉えがちなことでも、前向きな考え方をもっていることです。

 この「一見」という言葉が曲者で、私の生活はほとんど、この「一見」に右往左往させられています。

 例えば、夏は暑い、冬は寒い、雨は嫌だ、テストは億劫・・・なんて思うこと。考えたことが無い!人はいないと思います。こんなことも、日野原さんからしたら、「とらえ方一つなんですよ」とにっこり笑われそうな。そんな書きぶりです。夏だって、快適に過ごせる場所(方法)はあるし、冬も厚着しすぎて暑くて困ることもあるんです。

 

 あと、日野原さんの姿勢から自分が拾ったことがあります。

 それは、日野原さんが、生き方、あり方といったことを大切にしていること。

 逆に言うと、何かを得ること、持つことを後回しにしているという点です。高級な何かを持ちたい、高い地位・肩書を得たいという「欲望」ではなく、日野原さんの言葉では「希望」日々、かくありたい。という姿勢です(エーリッヒ・フロムからの引用だそうです)

 「日々をどう楽しめるか」という事ばかり考えている身としては、この一説にとても共感を覚えました。

 

 得る・持つという結果は、出自や運によって区別が生じてしまう。しかし、どう楽しむかは、その人次第。私もこう生きたいものです。

 

カードゲームを作ってみたい#3 テストプレイ後の感想

 

gamification.hatenablog.com

モノづくりをゼロから始めている与曽井です。 

 

以前話題にしたカードゲーム。一度テストプレイをしてみました。

初めての方に説明し、プレイする。その中で感じた課題や感想でさらに品質を上げていきます。書いた後に、読み直す。書き直す。文章と同じです。

という訳で、先月手書きで作成したプロトカードでトークゲームをしてみました。当然、完成形にはほど遠く、課題山積です。

 

出てきた課題

・色の識別の課題(黄緑・オレンジ・黄色の違いが分かりづらい)

これは気づきませんでした・・・カードのスピーチテーマに合わせ、色ふせんを張っていたのですが、違いがわからないのです。特に、照明が昼光色だと、みんなオレンジに見えてしまう。。。!

色だけでカードを分けると、こういった時に困りますね。色と一緒に模様などでも分ける必要があります。

・話しかける相手で悩んでしまう(6人でプレイ、しかも初めて会う人も入っていたら、話しかけづらいかも)

基本的に、誰に話しかけても良い、という風にしてしまったので、話しかける人は葛藤が生まれてしまいました。ついでに、この選択で勝ち負けが決まるわけではないのに、「ゲーム上確たる理由がないのに一人選ぶ」という作業が発生してしまうのです。

これは改善が必要です。

 

・周りのプレイヤーの状況が分かりづらい

これは、最初につけてみた「しばり」、つまり制限です。

もともと、今試しているカードゲームは、「話すテーマ」がカードに書かれていて、その内容を、自分以外の誰かに投げかけるという流れて進めています。

それで、今回のテストでは人によって話せないカテゴリーがある、という風にルールを設けてみたのです。たとえば、私は趣味・好きなことについては話せない。隣のHさんは、普段の生活のことは話せない。という風に。

結果は、あまりよくありませんでした。

 実際遊んでみると、誰が何を話せないのか、毎回確認する時間がでてきてしまうのです。トークゲームなのに、話すよりも考える時間、選ぶ時間に取られている。これは良くない。一目で話せるテーマ・話せないテーマが区別がつくか、それとも区別をなくすか。これが必要でした。

・喫茶店でプレイするにはフィールド(場)を広げてしまう。

これも課題。小さいテーブルだけでもプレイできるように、山札+捨て札くらいにしないと、いけないと実感しました。

海外のカフェ・居酒屋さんと違って、当たり前にカードゲームをプレイする、という環境はまだ無いですからね。もっとシンプルに、気軽に、スマートに。考えてみます。

f:id:karasumiyama:20180404072030j:plain

 

 

 

「モチベーションを上げる」なんてプレイができるのか?

社員のモチベーションをあげよう!と入社して、管理者になって何度聞いたことやら。という陳腐な言葉になってしまいました。

とはいうものの、その言葉が嫌いだ!という訳ではありません。

言葉としては「当たり前」になっていても、そのために自分がしていたこと、というのがとても少ないなーという自戒の念なのです。

もっと「やる気が出せる仕組み」を作れていたのかなとういことです。

ここで仕組みという言葉を使ったのには訳があります。

それは、モチベーションをあげる、という言葉と自分の考えの一部には差異があるということ。つまり、モチベーション(やる気)をあげることはできない。という考えが根っこにあります。

 

ビジネス研修などで、「外的動機づけ(お給料や賞罰など)」と「内的動機づけ(本人の夢や、価値観など)」という言葉を聞いた方、多いと思いますがその後者にあたるもの、あくまでも本人が主人公ということです。

とはいうものの、「そこはお前の領分なんだから、(やる気は)自分であげとけ!」というのは少し乱暴ですね。

なので、「本人がやる気がでる環境にする、仕組みを作る」を目指す。というのが自分にとってしっくりくるのです。

で、これがゲーミフィケーション(生活にゲームの「楽しい要素」を入れることで、より自発的に取り組めるようにする)にしっくり馴染みます。この分野も勉強したいですね。

そんな中、読んだのが、冒頭にリンクを貼った一冊。池田貴将さんのモチベーション大百科。大百科と名前ついていますが、個々の説明は1~4Pで解説されているので、とてもシンプルかつ、携帯できるサイズになってます(枕には不向き)

個人的に好き、というか説得されやすい内容です。

理由は、個々の結論に至る話が、経験則ではなく、実験に基づいているから。理論だけでなく、実際やってみたら、こういう傾向があったよ、とまとめてくれているからです。

これは絶対ダメ!と言われると、極論嫌いとしては思わず一歩退いてしまうんですが、この本は研究者的な観点があるので、ふむなるほど、ちょっと試してみよう。と思ってしまいます。

「プレゼントはサプライズが良い、事前予告が良い?」

「小分けのクッキーと、大袋入りのクッキーはどちらが早く食べ終わる?」

「理由と目的、どちらを聞くと、相手の心はやわらかくなる?」

「得るものと、失うもの、どちらかに焦点を合わせると、リスクをどう考えるようになるか?」

 

朝読書でさらっと一読できる内容です。ぜひご一読を。

 

 

 

Q「1日の内、他の人のために使っている時間はどのくらいありますか?」

今日自分に問いかけたい質問はこれ。考えてみると面白いです。

 

一昨年お亡くなりになった、医師、日野原重明さんもこのことを子供に質問したことがあるのだそうです。

仕事がある日は、勤務時間8時間+αを取引先や顧客のために使っている、、、のでしょうか?ここに違和感を覚えます。

仕事と一言で言っても、日々やっているパソコン「作業」から、問題に対する「課題解決」まで。1つで括るには難しく、何にも考えずに指だけ動かしている時間も必ずあります。

そんな中、本当に「今~さんのために時間を使っているな」と自覚している時間て、実はあまり無いんじゃない?と思ってしまいます。

仮に「面談」「面接」がそのための時間だとしたら、1か月単位で見返しても、そこに割り振られた時間はほぼ皆無。

利他という言葉を、日野原さんをはじめ、異口同音に言われていますが、それを振り返ると、反省しきりです。

貢献感(誰かのために何かをしている)ということの、幸福感・効用をもっと感じてみたいですね。

 

 

 

楽しいとは「〇〇する」こと

おはようございます。与曽井です。

大阪はもう春、外回りで車に乗っていると、もう桜が、、、散り始めているところもあります。来週末には緑の葉っぱを見ることになりそうですね。

今日の話題は、自分の関心ごとである、「楽しみ」「楽しい」というという話。

 

 よく職場で、「楽しい仕事がしたい」ということがあります。

たとえば、家族と過ごす、友達と遊ぶ、スポーツに熱中する。それと区切りを作らずに仕事にも熱中できる仕組みがないか、いつも考えています。

ただ、この楽しいという言葉には、抵抗勢力もあります。

 

今このブログを読んでいる方の中にも、

「いや、仕事は生きるための術(すべ)なのだから、楽しんではいけない。もっと厳しく、真剣に。好きなことを仕事にしないという言葉もあるだろう?別物だ。」という方がいるのではないでしょうか。

確かに。仕事がうまくいかないと、給料に影響がでるかもしれない、生活苦になるかも。娘の進学先を絞らないと通わせられない・・・そんな心の声が聞こえてきそうです。

 

ただ、だからといって、外で働くお父さん、お母さんが40年弱辛い時間をすごさなければならないのでしょうか?

確かに大変なタイミングもあるかもしれません。受発注トラブルや、契約トラブルなんて、胃が痛くなる好例(?)です。

心配なのは、そういった「辛い、大変、厳しい」という一面だけを、後の世代である後輩や子供に見せたいかな?と思うと、とても嫌なんですね。

人生の半分は辛いだけ。と刷り込みたくない。

そう考えると、同じ仕事でも、どう楽しめるか、という風に考え方を定着させることが、自分たちのためにも、後輩のためにもなるんじゃないか。と今考えてます。

 

例えば、こういったやり取りです。

「この残業乗り切ったら、明日はお花見行こう~」(ご褒美)

「この書類15分でどっちがいい出来でできるか勝負する?」(時間制限・競争)

「君の成績、西日本で〇番目だったよ!」(スコアボーディング)

人によって、競争や序列を嫌う人には別の楽しみ方を用意します。 

 

もしこの楽しみ、という言葉にまだ抵抗がある場合どうしよう?

こう想定した時に、思いつく替わりの言葉は、「集中」です。

楽しいと感じているときを、別の言葉で腑に落ちてもらうにはどんな言葉が良いだろうか?

その時の気持ちをとらえると、1つの事に向かっている、他の事が気にならない、誰かと協力(競争)しているといった個別具体的な状況が出てきます。

それを端的に言い表すと「集中しているとき」と合致していると思うのです。

 

この集中という現象について、ミハイ・チクセントミハイという方は、「フロー」という言葉を使って解説しています。

いろんな本で引用されているのでご存知の方多いかもしれません。「周りの音が聞こえなくなる」「視界の色がな無くなる」なんて超常体験が起きるようですね。

常時フローだったらいいのになーっと切望して止みません。(体がついていかないか?)

時間が止まって見えるなんて経験はなくても、「気づいたら1日終わっていた」「楽しくてあっという間だった」「声かけられているのに気づかなかった」といったことはあるのではないでしょうか?

 

楽しむ仕事、集中できる仕事。 仕事は1日の大半を使うイベントです。せっかくなら、「いい体験をした!」と終わらせたいものです。

 

 

 

楽しいを生活に組みこむ仕組み。私のバイブルです。

で、それそのもので楽しいゲーム。最近はこれに熱中です。

改めて出会う、ミニマリスト(最小主義者)という考え方

おはようございます、先週家族旅行の中で、大阪にあるショッピングモールに行きました。

家族そろって本が大好きなので、本屋とみれば、足は当たり前のように向いてしまいます。そこにあった、大きなTSUTAYA。見つけたのはこちらの一冊です。

ものを少なく、シンプルに過ごそうという生き方。ミニマリストについて書かれた一冊です。

私も単身赴任が始まってからモノとの付き合い方を見直している途上。大変興味があったので、思わず購入してしまいました。

刺さる。刺さります。

理由は、この佐々木さんという著者の方と年齢が近いからか、考えていることや、過去触れていたものが似通っていたこと。

また、自分の内心思っていた、葛藤や逆克己心(心が折れた)エピソードを書いてくれているからでした。

モノを持ちすぎて、さらに次のものが欲しくなる。モノが置けないから、手放すよりも、収納グッズを買いあさる。20代~30代前半の自分を見ているようで気恥ずかしい気持ちがよみがえりました。

自宅に帰ると、まだ本を保管するためのブックケースが空のまま10個くらいあるんじゃないかな・・・

 

ただ、著書の中ではそういった経緯を経てからのシンプルライフの話題が出てきたので、「じゃあこれからどうするか?」ということまで考えることができる展開になっています。読了後、行動せずにはいられないですね。

折しも、読了した翌日は

春分の日でお休み

②予定もなくフリーな一日

③第三水曜日は小型家電のごみ捨て日! 

 

こんな3拍子そろった日でしたので、持ち物を一気に整理整頓。

二袋分以上のゴミやら収納グッズ、家電製品を処分したのでした。タイミングをみたらすぐ行動するのが大切です。

なお、今回のポイントは、こんなところです

「持っていなくても死なないもの」(整髪料や、カーテン、冷蔵庫など)

「自分がしたい事とあまりかかわらないもの」(パスタ調理器など特殊な調理器具、パスタ専用といっためったに使わない調味料)

「何を入れるか明確でない収納用品」(100円ショップのスチールフェンス・ラック)

「いつ読むかわからない書籍」(ビジネス書・娯楽本問わず。これはいったん実家に送ってから、まとめて売りに出します)

f:id:karasumiyama:20180323072127j:plain

ミニ冷蔵庫と収納用品。冷蔵庫は確かに便利なんですが、賞味期限やら、中身の心配やら、心を煩わせる感覚がいつでもありました。あと、無くても困らない。

f:id:karasumiyama:20180323072252j:plain

棚です。モノを減らしたら、必然と、「これ何入れるんだ?」ということになり断捨離。入れ物があるからモノを入れる。マッチポンプのような発想から頑張って抜け出してみました。

 

えっ、これも!? と思われるものがあるかもしれません。

ですが、実際生活してみると、何のことはない、死にゃーしません。この発見もとても面白いです。

 

逆に、「これが無いと、もう生活できない!死んじゃう!!」というものが何なのか?またこちらで書ける程度には自覚したいものですね。

 

~余談

シンプルと言われて思わず連想してしまうゲーム。どれも名作です

テトリス(一列にするだけ)

rakuten:mediaworldkaitoriworld:10155218:detail

ブロックス(ブロックの端と端をつなげるだけ)

テイクイットイージー(同じ数字を並べるだけ)

はげたかの餌食(大きな点数を奪って、マイナス点を取らないだけ)

 

この前マラソン走ったんですけどね、そうか、そういうことかと気づいた

こんばんは、與曽井です。

最近あったこんなこと、それはマラソンの大失敗です。

30代に入ってから、10km、ハーフ、フルマラソンとチャレンジし、昨今はフルマラソンメインで走るようになりました。

長年走っている割には、タイムは伸びず。先週走った大会では、失格一歩手前でした。その理由は脱水症状から来る世界が回るような頭痛。ひどいものでした。

なんでこんなことになったのか?

 

翌日。よーく考えてみた結果、いきついたの原因は、「睡眠不足」。そういえば、その前日はプレイステーション4で発売したばかりのソフト、モンスターハンターワールドを午前二時までやりこんでいたのでした。

これはダメですね。

 

自分のタイムがなかなか伸びない。それどころか完走にも至らない。その理由を考えていまして、はたと気づいたことがあります。

そのきっかけは、睡眠不足になった理由である、モンスターハンター(モンハン)でした。

集中力だの、質だの語る前に、「そのために使っている時間」が圧倒的に違うと気づいたのです。

今回のマラソンのために私が使った時間は、

月間練習走行60km×6分/km=360分 

2月中6時間程度でした。

 

42kmを走るために準備した時間はせいぜい6時間だったんです。

対して、モンハンに使った時間は?幸いデジタルのゲームですので、プレイ時間を簡単に知ることができます。

モンハンに私が使った時間は2月15日~3月12日までで、

約120時間。マラソン練習の60倍です。

こう考えると、「なんでいいタイムが出ないんだろう?」と悩んでいる自分が恥ずかしくなるくらい、はっきり理由が見えてきますね。

質がどうだという前に、まず時間を費やしてみよう。という話です。

統計を取る、という行為がよくわかる経験になりました。

皆さんも、仕事での伸び悩みや、スポーツなどで結果が出ない、と困った時には、まず「自分がどれだけ時間を使って考えているのか?」振り返ってみてはどうでしょうか?想定を超えた数字がでてくるかもしれませんよ。

 

rakuten:mediaworldkaitoriworld:10184387:detail