読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「道」楽クエスト

与曽井清司の個人ブログです。どんな場でも楽しめる生活スタイルを日々紹介します!生活を「ちょっと楽しくする」にお役立てください

2016年12月17日〜「ジブン手帳」ってすごい

Lv05_心動く逸品_良品

こんにちは、与曽井です。

 

 久々に家にいるお休み。年末に向けて片付けをしたり、いらないものを処分したりとすることに事欠かない一日です。 

 

 さて、今日触れたいのは、私が昨年から利用している手帳の話。自分の予定をどうやって管理しよう?と悩んでいる方向けにご紹介です。

 

 大学時代から、今ままで、 サイズ面では、コンパクトサイズから、B5サイズ。デザイン面では、リングファイルタイプから綴込みノートの使いきりタイプと、幅広く利用してきました。

 デジタルに完全にかぶれた時期は手帳を手放し、「Googleカレンダー最高!」と意気揚々といじっていた時期もあります。

 

 で、今は、デジタルから原点回帰、綴込みノートの1年使いきりタイプがいつでも手元にある生活を送っています。商品はこちら

 

 私が購入したのはグリーン&オレンジタイプ。PILOTのGP4(4色+シャープペンシル)をセットで持ち歩いています。

 

f:id:karasumiyama:20161217175007j:plain

 

なんで、手帳に戻ったの?

 これは本当に感覚なのですが、手書きで予定を入れないと予定が頭に入ってきませんでした。Google カレンダーには書いてあるのに、約束事をすっぽかしたり、ダブルブッキングしたり。

 目に入ってきても、イメージし辛い、というのでしょうか?

 手を動かして文字を書くと記憶しやすい、という話があります。

 そうすると、手書きの手帳は、書いている時点で、「覚えている」。

 だから、見なおした時には「文字を読んで確認する」だけではなくて、同時に「思い出す」という頭の動きがあるのかもしれません。

 

 ただ、他の人と予定を共有するのためには、クラウドサービスのカレンダーは本当に便利です。

 ですので、

 

「自己管理用」として、手帳に記入し、

「家族との予定共有」のために、Googleカレンダーに記入する。

 

 

 今はこんな使い方をしています。

 ちょっとめんどくさい!と思うかもしれませんが、自他共トラブルが少ないので、気に入ってます。

 

ジブン手帳のいいところ

これまで手帳のタイプを行き来させてきたのには訳があります。

 

・リングタイプはサイズが大きくなりがちで、持ち運びにくい。

 また1年ごと、どころか、数カ月ごとにリフィルを出し入れしないといけない。

(この面倒くささが好き!という道楽もあるんですが、そこはおいておきます)

 

 

 

・綴込みノートタイプは、リングが無い分、シュッとしているし、書き込む時にもリングが手の端にあたらず、重宝します。

 ただし、「1年分」でデザインされていることが多いので、年末にすべて書き写さないといけません。特に何年もずっとメモしておきたい情報は毎年毎年書き写すことになります(例えばミッションステイトメントとか、家系図、ライフイベントの記録です)

 あと、フリーのノートスペース!手帳の末尾にあって、会議などのメモを残すときに使うあの部分です。これが、1年経つ前に終わってしまうと、絶望的です。別にノートを持ち歩かないといけません。「システム」手帳の万能性に穴が生じます。

 

 

 そんなわけで、これまではあっちのリング手帳でもない、こっちの綴込みでもない、と右往左往していたわけです。

 今はジブン手帳に落ち着いている理由は、こうした不満を解決してくれたことにあります。

 商品ページをご覧いただくとわかるのですが、綴込みノートタイプの手帳として作られています。当然、先に述べたような良い所、悪い所が両方あると思いきや、この手帳、中身が3分割されています。

 

1 ライフノート

   一生使うようなライフログ部分や目標を書く部分

2 年間ノート

   いわゆる1年期限で使う、バーティカルスケジュールと月間のスケジュール、1年間の目標を記入する部分

3 白紙ノート

   ノートの部分。専用のものもありましたが、サイズが合えばなんでも良し

 

 使う頻度や、利用する期間、消費ペースでノートそのものがわかれているので、1年たったら2を交換。メモ部分がなくなったら3をいつでも交換、1はずっと使うことができるんです。

 昨年この仕様を見た時は「コクヨさん、すごい!」と衝動買いしたものです。使ってみても、期待通りの使い方が出来ましたので、今年もこの1冊で生活・予定管理するつもりです。

 もし、手帳でお悩みの方いましたら、本屋さんなどで売ってます。ぜひご覧ください。

 

 ちなみに、こちらは年間予定のページ。専用の項目もありますが、イメージでいつでも見られるように、マインドマップを貼り付けてみました。 

f:id:karasumiyama:20161217175001j:plain