「道」楽クエスト

与曽井清司の個人ブログです。どんな場でも楽しめる生活スタイルを日々紹介します!生活を「ちょっと楽しくする」にお役立てください

2016年10月 問いかける魅力〜質問力について読んでます

 おはようございます。與曽井です。

10月にはいってから、長野県の朝は息が白くなってきました。床暖房の時期です。個人的には蒸し暑い夏に比べて冬の方が好きです(マラソン大会もたくさんありますしね!)

さて、短文ですが、今読んでいる本の紹介を1冊したいと思います。テーマは質問力。A More Beautiful Question という洋書です。久々に丸々1冊挑戦中です。

 

なぜ、質問するのか?(質問の効用)

 どの4歳時も高い質問力があるのに、なぜ学校に入って学び始めるとその革新的な力が失われてしまうのか(学校教育の課題)

 その力を活かすために、大人はどんなアプローチをすればいいのか?(新たな教育カリキュラムの取り組み)

 

 私が今読んだところではこんなところまでが話題になっていました。

 

 以前から、「質問」という行為に関心がありました。例えばスピーチやプレゼンテーションに「質問」を混ぜ込ませることで、聞き手の関心を引く、考えてもらえる。という効用があります。

 例えば、「あなたは朝食に何を食べますか?」という質問一つで、朝ごはんの話題が自分事にしてもらえます。

 

 その意味で、質問を利用すること、質問をもとに自分を内観してもらうことはとても大切だと考えています。まだ2割くらいの読了ですので、新しい発見がありましたらこちらで触れていくつもりです。

 

 Q 学校・職場で質問を投げかけることはリスクを伴いますか?

  

A More Beautiful Question: The Power of Inquiry to Spark Breakthrough Ideas

A More Beautiful Question: The Power of Inquiry to Spark Breakthrough Ideas