読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「道」楽クエスト

与曽井清司の個人ブログです。どんな場でも楽しめる生活スタイルを日々紹介します!生活を「ちょっと楽しくする」にお役立てください

2016年6月 ちょっと生活に「制限をかけてみる」という楽しみ

Lv01_楽しみの原動力_ゲーミフィケーション

おはようございます。少し曇り空、出勤時に汗をかかなくて済みそうな朝です。

 

今朝は、毎日の生活の中で自分が試していることを1つお話してみたいと思います。テーマは「ちょっと制限をかける」ということ。

 

平日の1日を思い出してみてください。

私を例に出すと、朝起きてから会社に行くまでにこんなことをしています。

 

 1・・・コーヒー飲みながらウェブブラウジング(ブログを書く)

 2・・・ご飯を食べる

 3・・・時間があまったら読書

     ※おもにマンガです。食卓の近くに自分の第一線コミックスが

       並んでいるのも考えものですね。

 

 毎日毎日全く同じやり方。何も考えない「無意識」でやっている習慣です。これが続くとどうなるか。

 例えば、「仕事の関係で専門知識を学びたい」とか、「健康診断にひっかかったから、ダイエット(運動・食事制限)といったことに意識的にチャレンジしようとした時、これまでの4つの「習慣」が立ちはだかります。

 特に、自分に目標が出来た時に、真正面から障害になるものは「悪習」と名前をかえて邪魔するようになってしまいます。

 

 この悪習、私も抜け出せている訳ではありません。何年もかかった習慣を1日、2日でなくすのは難しいですね。

 そこで、今試していることです。それは生活に意識的に「制限をかける」ということです。

 すでに出した3つの習慣にちょっと制限をかけるとこうなります。

 

 1・・・コーヒーを入れるとき、コーヒーの粉を蒸らす数十秒にスクワットをする

     (制限:身体にかけ続けないと、コーヒーを飲んじゃダメ)

 2・・・ご飯は小盛。もしくはおかずだけにする。

     (制限:食べ過ぎない!)

 3・・・今読んでいる本以外は読まない ⇨ 今読みたい本を常に手元に置く

     (制限:読まない!)

 最初はこんな制限をかけていても「思わず」もとの生活を繰り返してしまいますが、少しずつ繰り返していく内、泥水に真水をまぜるように、濁りが無くなっていく気がします。

 『習慣の奴隷』よりも、目標への第一歩。楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

 ちなみに今は「このブログを15分以内に書く」一人ルールで書いてみました。

誤字脱字ありましたらすみません。