読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「道」楽クエスト

与曽井清司の個人ブログです。どんな場でも楽しめる生活スタイルを日々紹介します!生活を「ちょっと楽しくする」にお役立てください

2015年11月 生まれて初めてのフルマラソン!

 

 

 

 

f:id:karasumiyama:20151020062038j:image

 

おはようございます。よそイです。
 
 先週の日曜日、フルマラソンなるものに挑戦してきました。
4年ほど前からジョギングを初めて、10km→16km→20kmと、参加する距離を伸ばしてきましたが、今回は初の42.195kmに挑戦です。大町アルプスマラソン、長野県内の紅葉を見ながら走る観光のようなコースです(途中からそんな気分も吹き飛んでいましたが)
 
  もともと走り始めたは、内勤が増え、一気に不摂生が進んだ折、少しでも健康体を維持しよう、と思ったのがきっかけです。
 当初(31歳くらいの時)は2km走るのも息切れ、足も筋肉痛。関節も痛む散々なものでした。
 生来インドア人間なのもあって、今思えば「こいつは酷い」状況だったわけです。
 
 それも少しずつ朝方練習するにつれて、身体が慣れてきて、5km前後なら自然に走れるようになり、最大走行距離も伸びていきました。
 フルマラソンは自分の中の一区切りとして、35歳の節目に走っておきたいレースだったのです。
 
 さて、結果ですが・・・タイムは5時間40分。何とか完走しました!
 
 が、完走したものの、最後の10kmは足がもつれてほとんど走れず、ほぼ徒歩ゴールとなりました(かっこつけたかったので最後1kmだけは走りましたけどね)
 
 反省の念も込めて、ビギナー視点でいくつか振り返りします。大まかに「身体」と」「心持ち」について分けてみました。
 
 ■身体 補給とトレーニングの大切さ
 
・途中の給水と給「食」は必須
 
  長丁場にになるので、水はもちろんですが、食事(カロリー)を都度都度とったのは正解でした。20kmまでだと、「走る8時間前までは何もたべないぞ!」と思っていたのですが、いろいろ調べるうちに、「フルマラソンの場合は体内のエネルギーが0、空になってしまうので、途中で接種が必要。」と異口同音にアドバイスがあったため、試してみました。本当です。お腹の具合など関係なく、食事は定期的にとらないと走る体力がなくなります。
 
・筋肉トレーニングの不足(特に足)
 
 以前ハーフマラソンに参加した時にも、「筋肉が足りない!」と実感。今回も同じ感想です。30km過ぎたあたりで、足特にふくらはぎ部分から激痛が走り、上半身はまだまだいけそうだったのに、まるで動けなくなってしまいました。
 心と体のずれ、といいまか、「我慢する」レベルを超えた痛みです。タイムとしては「歩けば規定時間内につける」コース位置だったものの、一時歩くこともままならず立ち止まってしまうことも数回。走り方の知識をいくら事前に積んでいても、体の機能不足でだったなと反省しています。
 走る練習以上に足の機能強化にも努めるべきですね。スクワットから始めます。
 
■心 知識+経験=知恵になった瞬間 「どんなことでも自分次第!」
 
・E+R=Oの実感
 
 この数式ご存じでしょうか?最近読んでいる、思考改善の本の本で使われていたもので、もとはV.E.フランクルという学者さんが著書「夜と霧」の中で述べていたものです。ライフハッカーの記事で見つけ、原書を今読んでいる途上。このマラソンを通じて、この中の一説が文字通り「血肉になった」体感をしました。
夜と霧――ドイツ強制収容所の体験記録

夜と霧――ドイツ強制収容所の体験記録

 

 

 
E=イベント 
 
  すなわち自分の身の回りで起きること、自分の思い通りには出来ないことが多い。
 
R=レスポンス(反応)
 
  イベントに対して、自分がどういった反応を示しているか。ほんとどの場合無意識
  でおこなっているが、(生理的なもの以外は)自分でコントロール出来る。
 
O=アウトカム(結果)
 
  イベントに対して自分がおこした反応が融合して起きる実際の結果。
 
 
 普段何気なく生活していると、身の回りで起きた「どうしようもない出来事」(出来事)に、
 自分の体が勝手に反応して、「喜んだり」「悲しんだり」「怒ったり」します(反応)
 そして、その出来事を盛り上げたり、否定したりすることで、「もっと楽しんで、人に話せるようないい思い出を作ったり」「もっと嫌な気持ちになって、泣いて家に帰ったり」「その出来事に、怒りをぶちまけて苦情を寄せたり」といった結果が出てきます(結果)
 マラソンと何の関係があるの?というと、まさに、この反応の部分です。イベント(フルマラソン)走るという中で、じわじわと、いろんな気持ち(無意識の反応)がいくつも浮かんできました。「なんでこんなことやってるんだ?」とか、「(今に集中せず)これの次は美味しいもの食べ行こう!」とか、「早めにちょっと歩いて楽しようかな?」などなど。
 
 そんな中、この公式を思い出しました。イベント(フルマラソン)という事実自体は、もう始まっているものだから、中止にはできない。まぁ100%不可能ではありませんが、、、犯罪者にはなりたくありません。
 となると、今変えられるのは自分の反応だけだなぁと気づきがやってきます。
生活に必要なことじゃない、でもこれ走り切れたらすごいな!
先の事もいいけど、今はこの景色とか、空気を楽しもう
できる限り走ってみようか?」などなど。
 
 起きている出来事は同じでも心もち次第で見え方ががらっと変わります。
よく「色眼鏡で世界を見る」という喩え話が使われますが、それに近いものでしょうか。
 自分の気持ちが下がってしまう色眼鏡よりも、もっと楽しめる眼鏡を。もっと欲を言えば、その場その場で一番楽しめる眼鏡をいくつも携帯して楽しい生活をすごしたいものですね。
 
 ちょっと走ることから話題がそれてしまいましたが、細かいものも含めるとこんな気づきがたくさんあったフルマラソンでした。次は5時間切り目指します!