「道」楽クエスト

与曽井清司の個人ブログです。どんな場でも楽しめる生活スタイルを日々紹介します!生活を「ちょっと楽しくする」にお役立てください

強敵!確定申告 第二回戦

 

gamification.hatenablog.com

 

前回確定申告を楽しむぞ〜という宣言をしたので、さっそくスタートします!

 

まずは確定申告とはなんぞや?という知識とルールを

www.nta.go.jp

 

国税庁から、こういった素晴らしいサイトが公開されています。まぁ、これを読みこめば手続きはできそう。

 

しかしながら、税金のことを長年経理課の方にお任せしていたサラリーマンにはこれでもハードルが高いですね。

もっともっとハードルを下げてみます。「自分流」レベル1からスタートです。

 

Lv1 税金は納めます

まずは基本の「き」の字。税金は納めないといけません。労働・教育とならんで、国民の義務の1つです。

 

で、この税金をどうやって計算するかというと、

所得 ✕ 税率

で求められる。

ここまでは、、よくありません。所得とはなんぞや?税率とは?

 

また、この計算式もあくまで骨組みであって、これに色々と計算が入るようです。そういった「あとのせ計算」が増えるほど、分かりづらくなって混乱を招いているんでしょうね。

 

まず、所得について考えてみます。

例えば年間400万円稼いだ人でも、所得=400万円ではありません。

 

400万円の給与支払いをもらっても、「いろいろ」差し引かれて、手元に満額は届きません。下記のサイトを読ませてもらいました

 

こちらのサイトによると、400万円もらっている人は、社会保険雇用保険・住民税・年金が引かれて、約320万円になっています。これが所得です。

 

heikinnenshu.jp

 

つまり、所得とは普段話している「手取り」とほぼ同じ意味で考えてよいようです。

 

次に税率です。これについて情報は無いかなーと探していたら、こちらのサイトを見つけたので、読ませてもらいました。

サラリーマンの給料、天引きされる税金は何?源泉徴収とは何だろう?

 

なるほど、言葉を間違えていました。

 

まとめると、納税金額のベースは所得✕税率ではなくて、

課税所得(所得の内、税金が課せられる部分)✕税率にしないといけないんですね。

 

言葉がたくさんでてくるので、日頃使い慣れていない人は見落としてしまいそうです。

Lv2 確定申告とは、課税所得を確定させること

さて、Lv1で学んだ納税についてことを基本に、じゃあ確定申告とは何なのか?という話です。

ここで、「所得と、課税所得は違う」ということを使います。

 

給与ー給与控除(稼ぐために必要だったお金)=所得

所得ー所得控除(医療費や、奥さん・旦那さんに関する減額分など)=課税所得

 

この計算が基本になるのですが、私達が、どれだけのお金を受け取ったのか、またどんなことにお金を使ったのか、税金を受け取る国は全部を把握できないようです。確かに、国民全員のお金の使い方を知り尽くすのは難しそうですね。

ちなみにサラリーマンには、「年末調整」というイベントが毎年あり、ここである程度は申告し、課税所得を決めています。多くの方はここまでで終わっているのですが、ここでカバーできないところもあるのが実態です。

 

(いや、もしかすると把握しているのを隠しているかも・・・。いやこれはXファイルの見過ぎですね)

↓無駄なXファイルリンク。エントリーとは全く関係ありません。


The X Files soundtrack (volume 1, cd 1)

 

ここまでの話を次のようにまとめるてみました。

 

私達が使ったお金で、国がわかっていない部分を私達自身が伝えて「確定」させること。

 

そこから、正しい納税する額を算出すること。

これが確定申告と呼ばれる。

 

気をつけなければならないことは、一見、必ず支払う税金が減る(払い過ぎた税金が戻ってくる)という想像をしてしまいがちなことです。

しかし、あくまでも「報告する」「確定させる」こと、正しい納税額を決めることが確定申告の目的です。

この報告で「実はもっと稼いでたよ〜!」と伝えたら、追加で納税する必要があるかもしれません。

 

第一回戦で、「太陽光発電の稼ぎ」という話を載せましたが、おそらくこれは税金が増える報告になると思います(今年初めてなので、これも報告していきます)

 

 

次に、これまで紹介したサイトを読んで理解した、今回のルールをリスト化してみます。

確定申告ゲームのルール

1 タイムリミット 期間は2月16日から3月15日

 

2 アウトプット  決められた書類を記入して、税務署に提出する

         (私の場合は長野県内の税務署です)  

 

3 攻略アイテム  いっぱいあります・・・

  

         (対寄付控除戦)          

          v寄付金領収証明書

 

         (対ふるさと納税戦)          

          v地方寄付金領収証明書

          

         (対雑所得戦、中ボス)

          ※何を用意するのかまだ特定できないので、実は

            強敵かも・・・

 

          v 収入金額を証明するもの

            ※毎月電気会社から届く入金連絡の手紙?

          v必要経費を証明するもの

            メンテナンス費用

            パワーコンディショナーの運転に関わる電気代

            減価償却

            発電払いに係る年間支払利息

            ※何を用意するの?

                    

         (対住宅ローン減税戦、大ボス)

           ※2周めからはショートカットできるようです

          v住民票の写し

          v建物(土地)登記簿の謄本または抄本

          v源泉徴収票

          v建築建物工事請負契約書または売買契約書の写し

          v借入金年末残高証明書

          v長期優良認定通知書

          v住宅用家屋証明書

 

  これら攻略アイテムをもって、決められた書類をもっていかないと、

  税務署の人にカウンターパンチをもらうことになります。

 

3 フィールド(戦場) ◯◯税務署 

 

4 スコアリング  レベル1 正しく提出できたか

            レベル2 控除によって戻りがあったか、もしくは

                 正しく追加納税をしたか

               レベル5 奥さんにこのブログを読んでもらって

               わかってもらえるか?

 

5 敗因      時間内に攻略できなかった

          自分の精神力(やるき)が尽きた(MP0)

          書類が間に合わなかった

 

6 困ったときのパーティー  職場ですでに確定申告している同僚

 

特に6番、大切です。もうすでにクリアーしているプレイヤーですので、なんでも聞いて、攻略の糸口にしていきます。

 

次回からは、まず金額も少なく簡単な(?)、寄付金控除戦に挑みます。