「道」楽クエスト

与曽井清司の個人ブログです。どんな場でも楽しめる生活スタイルを日々紹介します!生活を「ちょっと楽しくする」にお役立てください

凶悪!確定申告 第六回戦〜住宅ローン編

 

gamification.hatenablog.com

 

とうとう(噂では)効果が大きそうで、かつ手続きが面倒くさそうな、大ボスにやってきました。住宅ローン減税の申請です。

一回確定申告してしまえば、残りの期間(9年?)は年末 調整で経理の方にお伝えすればいいそうです。こいつを何とか倒したい!頑張ります。

 

Lv1 一晩では倒せない理由〜武器が揃わない

武器・・・住民票の写し 

      市役所でもらいます 平日にGO!

     建物(土地)登記簿の謄本または抄本

      ネットで手に入る書類。なぜか土日はネット上で申し込めない仕様です。

      (ネットなのに)平日にGO!

登記・供託オンライン申請システム 登記ねっと 供託ねっと

     源泉徴収票

      3度め?良く出てくる書類です

     建築工事請負契約書または売買契約書の写し

      これは自宅にあるのでコピーでOK

     マイナンバー通知カード・免許のコピー

      会社に届ける以外で使う機会がなかったマイナンバー。確定申告時には

      入力画面があります。

     借入金年末残高証明書

      これもOK 自宅に届きました

     長期優良認定通知書

      自宅にあります

 

雑所得申請同様、準備する武器が多いですね。特に、住民票と、登記簿謄本は週末手に入りません。平日(しかも昼間)に行くか、手続きが必要です。サラリーマン泣かせの狭き門。せめて週末手続き取れれば良いのに。

 

という訳で、それ以外の書類を集めます。必要なものはコピーします。

 

Lv2 それ以外は倒しきる! 

最終戦。国税庁のサイトで住宅ローン減税部分の入力を始めると、これまでとはちょっとやり方が違うというのがわかります。困惑します。

なぜかというと、「どの書類のどの部分を見ればいいのか」これまでの資料と違い指摘されないためです。

「自宅の取得価格は?」「土地の取得価格は?」「面積は?」などなど

当初わかるか〜!とかなり迷いました。

 

しかし、過去自宅を新築する際に書類地獄に陥った時のことを思い出し、なんとかクリアーしました。ポイントは、提出書類です。

確かに「どの書類を見ろ」という指示はほとんどありませんでした。

しかし、今回の申告をした時に、

税務署の方は何をもって、その申告を確認するのか?

と考えると、答えはすぐに出ます。

提出書類と、こちらで申告した金額や数値が一致しているかを見ているんですよね。

なので、今準備している書類を全部確認し、そちらの数値と一致するように入力をすすめました。山のようにある住宅関連書類から無駄なものに目を通さずに済み、スピードアップです。

 

入力が終わると、まだ武器はそろっていませんが、申告書が印刷できるようになります。バックアップをとってからプリントアウトすると、次から次へと印字されます。計14枚! これまでの道程をみた気分です。

 

この後すぐ出来ることは、押印と、書類内の数字が提出書類と合っているか、確認するところまで。残りの書類が準備できたら、税務署直前の最終チェックまで進めます。

あと少し!頑張ります^^

 

 ボードゲームの1シーン こんな気分で手続きしたいですね