読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「道」楽クエスト

与曽井清司の個人ブログです。どんな場でも楽しめる生活スタイルを日々紹介します!生活を「ちょっと楽しくする」にお役立てください

緊急ミッション! 関西に転勤せよ

f:id:karasumiyama:20170315082308j:plain

おはようございます。與曽井です。

気づいたら前回のエントリーから20日以上経っていました。

前まで書いていた、確定申告の話は無事終わり、還付金を振り込みもチェック済み。多少損したところあるものの、概ね成功です。

この1ヶ月弱は実生活で大きな変化がありました。それが元でプライベートのこういったブログや個人活動が鈍くなった次第です。


大きな変化というのは、タイトルの通り、転勤。
しかも単身赴任です。

話があったのは、ちょうど確定申告が終わったあたり。上長からの内示で初めて伝えられました。

電話口で聞かされたときには、かなり動揺し、何を言われているのか分かりません。

「こりゃ、大変な事になった」と実感したのは内示の電話を切った後です。

大変な理由は

1 事務方管理部門から、営業部門へ異動
2 実家長野から、発の関西赴任
3 昨年家を建てたばかりなので、単身赴任確定
  (一人暮らしの経験がほとんど無し)

1は動揺の理由そのものですね。
企画、改善の真っ最中に、全部一旦人に任せ、自分は0から仕事を覚えるわけです。
仕事に専念していた分、悔しさ・不安が入り混じってきます。

2、3は、都市伝説で聞いていた話の流れそのものです(笑 
本当にあるんもんです。

さて、この異動を受け入れるかどうか。

この生活の変化を予期していなかった私は、
完全0の思考から考えている。そんな1ヶ月です。

昔だったらどうだったか?と考えてみます。

どんな愚痴や不満があっても、やらされたと被害者意識を持ち、それをところかまわずぶちまけ、異動を承諾していたと想像します。

で、今回はどうしたか。

今回も承諾しました。

ただし、これまでとは考え方を変え、チャレンジだと受け止めています。
これは、過去の経験や、これまで読んでいた本に影響を受けています。

いずれにしても、前向きに捉える姿勢を作りつつあります。

あと、判断に大きな影響を与えたのはゲーミフィケーション(生活・仕事のゲーム化)という思考方法です。

自分が望んだにせよ、望まないにせよ、『自分が何とかできそうな』障害は、人のやる気や充実感、自己効力感を高めます。

ゲームの難しさ、バランスがそうであるように、です。

ゲームであれば、最後のボスキャラはある程度手強い方がやりがいが生まれます。
ボタン連打していたら、何となくクリアーしてしまったら、拍子抜けもいいところです。

今回の異動も、楽々ではない。一筋縄ではいかない。
でも、1サラリーマンとして不可能な仕事ではない。

これがやる気をかきたてるカンフル剤になりそうです。

あと、今回の転勤に際して今、考えていることをちょっと走り書きしておきます。

これからしばらくは転勤先での話や、思ったことをエントリーしていきます。

今とその時で比較すると、達成度合いや、心の変化が読み取れて面白そう。
こまめにこの場でお伝えしていきます。

◆考え方(攻略法)

・不可避な強制力に流されたと思いこまない。
そこで自分がどう対峙するのか、何を考えるのかに集中する。

・失うものよりも、得るもの(与えられるもの)に意識を向ける。
 ・人間関係
 ・営業スキル
 ・違った知識スキルのシナジー効果
 ・美味しいごはん

・自分のプレイフィールド(生活圏、価値観)を広げる絶好の機会だと捉える。経験値ボーナスアップ!

◆アプローチの仕方(戦術)

・何も知らないを武器に、今の仕事をどんどん聞いて自分だけでなく、相手の理解も深めよう!

・自分が思い込むよりも、まずは関係する人の話を聞きまくろう。

・まず、学び始めるよりも、どんな知識体系が営業に必要なのか、フレームを作ろう。

・同僚の目に見える仕事以上に、目標・背景・価値観を理解しよう。