読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「道」楽クエスト

与曽井清司の個人ブログです。どんな場でも楽しめる生活スタイルを日々紹介します!生活を「ちょっと楽しくする」にお役立てください

単身赴任から1ヶ月、どんな生活

こんにちは、与曽井です。

4月から単身赴任で引っ越し。長野県から関西は大阪府に居を移しました。

大阪で書き込む、初めてのエントリーです。

 

gamification.hatenablog.com

 

全く慣れない仕事の中で、あらたに始まった習慣もあれば、これまでやっていたことをサボってしまうことも。ブログの更新はその一例です。

 

これまでは、

朝おきて、

朝活(ジョギングや読書)して、

”出来ている”ご飯を食べて、

”洗濯済みの”ワイシャツを選んで、仕事。

 

これが、1人暮らしでは、このルーチンが大きく変わりました。

 

たった今も小型洗濯機をくるくる回しながら、この時間で少しずつ打ち込んでいます。

これまで奥さんにやってもらってたんだなーと改めて実感。GWにはお土産満載で帰ろうかと思ってます。

 

さて、1ヶ月過ごしてみての感想を自省も兼ねて書いてみます。

1 平日のセルフコントロールはまだまだ(仕事面)

これは仕事面の話です。新たな職場(違う部署)に異動したため、ほぼ1から仕事を覚えている最中です。特に、これまで事務部門で働いていたところから、営業の最前線に。

 

仕事がわからない、ということの一番の苦労は、「何が起きるか」、「何が必要な行動か」わからないこと。

言い換えると、リスク(不確実性)が高いということです。まさにサイコロ。

 

なので、用意周到に準備したものが、全く役にたたない。逆に、事前準備が必要だったのに、なんの構えもせずに、着手してしまう仕事が出てきます。

ちょっとしたことで肩に力が入り、「構えてしまっている」状態です。

将棋だったら、「雁木」だとか、「穴熊」だとか「四間飛車」といった定石、つまりお互いが見知った戦法が存在します(最近読んだ将棋漫画からの受け売り、失礼)

 

今を例えるなら、こういった定石をまだ知らず、その定石を目の前にあたふたしている姿を晒しています。

数年来仕事をしていれば、1ヶ月の動きや、契約までの道程などを身体で覚えているかもしれません。が、私にはまだそれがない。覚えるまで心身ともに筋肉痛が続きそうです。

 

逆に考えると、筋肉痛とは痛みを伴う「成長」です。

仕事覚えるまでは毎日成長する機会になっていくとも取れます。30台代の成長期になるかどうかは自分次第です。

2 食べることは大変(お財布的)

これは異動する前から覚悟していました。3食外食になったらどうなるか?いざ1ヶ月始めてみると、予想どおりです。高い、高い!

3でも書きますが、冷蔵庫・電子レンジ無しの生活。基本、料理はせずに、外に食べにくいか、コンビニでお弁当を買ってます。

1食500円✕3食✕30日=・・・ 

恐ろしい掛け算です。エンゲル係数何%なんでしょうか。

これに、新たな部署ということで、一緒に食事をしたり、飲み会もあったりと、追加の出費も発生します。なんとかしないいけません。

 

5月からどうしよう?という一人暮らし、食事対策を考えてみました。

①「お湯をかければ食べられる」ものを常備する

→安価ですぐ食べれる技です(1食100円!)ただし栄養面が怪しい。 毎日食べ続けるのは怖いですね。数日に1回位にしたいものです。 

 あと、こういったものを用意しておくとご飯ものを少し買うだけで一食すませられそうです。家では全く食べていなかったインスタント味噌汁。常備品にチョイス!

  

②缶詰を積む

これも「開けるだけで食べられる」保存食。冷蔵庫もいらないし、ものによっては電子レンジもいりません。お湯もかけなくていい分もっと楽かも?お酒のつまみにもなるし、これも常備!近くのスーパーで買いだめます。

 

③そのまま常備・かじれる品を

これは家でもたまに食べていたもの。これも、常温保存できる上に、牛乳がなくても齧りつける品です。おやつにもなるのでピッタリ。

カルビー フルグラ 糖質オフ 25% 600g×6袋

カルビー フルグラ 糖質オフ 25% 600g×6袋

 

 

今思いつけるのはこの位。来月この生活をして生活費がどうなるか、試してみます。

3 プチ・ミニマリストは継続中(家電製品は少なく少なく)

この前のエントリーでも書いたように、自宅より少ない家電製品で生活中です。

 

1ヶ月やってわかったことは、「それほど不便ではない」ということ。

 

冷蔵庫無し生活は初めてでしたが、普通に生活できています。仕事が忙しく、料理をする時間が無いせいかもしれません(コンビニやスーパーに囲まれている環境にも救われてます)

兎にも角にも今の生活パターンの中では買う必要が無さそうです。

 

「自分の生活パターンに合わせる」という観点で、荷物・家具・家電を選ぼうとすると、いわゆる、生活必需品と呼ばれているものでも必要じゃないかもしれないですね。

逆に、なんでそれ?というものが自分の価値観からしたら、絶対欲しいものだったりします。

例えば、私にとってはノートパソコン。動画再生用と、ネットブラウジングに使うものは別々に。少なくとも、2台は欲しい性分です。

 

まだまだ1ヶ月ですが、発見があって面白い一人暮らし。また、発見がありましたらその都度していきますね。